再発防止のために

医者

コメディカルの存在

鬱病により病院にかかる場合には、どんな医療機関にすればいいか迷う人も多いです。情報量が多くオープンな体制をとっている病院はもちろんですが、家族会に問い合わせれば、家族会の立場としての評価など、ある程度客観的な情報を得られることもあります。また、鬱病でかかる精神科などの病院には、精神科ソーシャルワーカーのほかに社会福祉士や作業療法士などスタッフが多数在籍しているところもあります。心理士や理学療法士なども含めて、こうしたコメディカルスタッフは治療の一部とリハビリテーションを受け持っており、生活面においての支援なども行っていることがほとんどです。コメディカルスタッフが多い病院というのは、症状改善に即したリハビリに力を入れていることがほとんどなので、良い病院選びの一つの指標になります。そして、精神科ソーシャルワーカーは、当人が社会生活を円滑に営むための支援を行っているのに加えて、当人の立場に合わせ、さらに法に則った形できちんと治療が行われているのかをチェックし、症状の回復状況なども把握しています。仮に入院治療となった場合には、その人の権利が守られているかなどをチェック・監視する役割を持っているのも特徴です。そのため、精神科ソーシャルワーカーが在籍している医療機関というのはとても安心です。鬱病になる人は物事の考え方のかたよりがあることが少なくありません。たとえば、良いことも含めすべてマイナス方向に考えてしまうマイナス思考の人や何か良くないことは起きるなど考えてしまう人も多いです。これを解消していくのが認知行動療法です。本人が自分の認知のゆがみを自覚し、それを現実に合う形に少しだけ変えるサポートをします。即効性はないもののじわじわと効いてくる治療の方法です。毎日の生活の中で、どんな時に抑うつや不安感、無気力さを感じるかさらに、そのような感情にはどんな考えが伴っているのか、自分で気づけるように認知、感情パターンを探っていきます。その中で抑うつなどに伴う考えに偏っている場合には、ほかにどんな合理的な考え方ができるのか見直す練習をしていきます。また、さまざまな状況において、どんな考えが起こるのかを把握することにより、その根底にある考え方のクセが見えてくるので、それを修正していくというのが一つの流れです。この治療は鬱病の症状がかなり改善したときや再発を予防するために行ったり、症状が慢性化した鬱から抜け出す場合だったりに有効です。精神科におけるリハビリ重視型の病院でもよく行われていますので、検討してみることも大事になります。